• 診療案内
  • >
  • HOME

診療案内

レーザー治療

レーザー治療<

離したり、近づけたりして光線の強さをさじ加減すると
メスになったり歯ぐきを直したり、いろんな効果が生まれます!

レーザー光線の光エネルギーを利用して殺菌、蒸散、理学的効果などをもたらす治療法で、患部をメスのように切開したり、蒸発(蒸散)させて取り除いたり、殺菌効果や、切開した粘膜を瞬間的な熱効果で固める止血効果があります。

また、レーザー治療は、外科領域の切開や蒸散などに用いられるだけではありません。 光の出力を調整したり、少し離してやわらかくレーザー光線を照射すると、細胞を活性化して治癒を早める効果が期待できます。そこで、消炎に、治癒の促進にと、さまざまな治療に用いられています。

レーザー治療<

レーザー治療は、以下にあげるような幅広い治療に応用されています。
レーザー自体痛みはありませんが、炎症の強い所に用いると、多少の痛みは感じることがあります。原則として、全て無麻酔で行えます。

尚、この治療は公的保険適用です。

歯槽膿漏の治療

歯周ポケットの中の感染した組織を除去して、殺菌し速やかな組織の再生をうながします。妊娠時など薬を服用できないときにも最適です。

口内炎の治療

レーザー照射により、痛みを早くとり、組織の治りを早くします。

知覚過敏(冷たいものがしみる)

歯の表面処理をし、しみを軽くします。レーザー照射により高い確率で知覚過敏が消失します。

顎関節の治療

大きく口を開けることができなくなったり、口を開けるとポクポクと音がする、いわゆる顎関節症に効果抜群です。レーザー照射により痛みが緩和します。

歯の漂白

着色した歯をレーザー照射により白くすることができます。

黒い歯肉の治療(メラニン除去)

黒い歯肉をレーザー照射によりピンクの歯肉にします。数回の照射にて変色が減少します。

根の治療

神経をぬいたあとの根の管のなかにレーザーを照射して消毒、殺菌を行います。根の管はとても形が複雑なので神経を抜いた後の根管の中にレーザーを照射して消毒、殺菌を行うことで、菌のたまった根の殺菌が効率よく行え、病気の治癒を促進します。

臭の除去

ひどい口臭もレーザー治療でほとんど消失します。その後、歯周病等の口臭の原因治療が必要となります。