• 診療案内
  • >
  • HOME

診療案内

歯周病治療・予防

歯周病とは

日本では、成人の80%以上の方がかかっていると言われる生活習慣病であり、歯の抜けてしまう原因の50%以上を占めているといわれる疾患です。虫歯で抜けてしまうのが40%といわれていますから、それに比べてもかなり恐ろしい病気といえます。
最初はあまり症状が出ないままに静かに進行していき、口臭の最大の原因とも言われています。症状が進むにつれて歯肉に炎症が出てきて、出血や膿が出るようになります。口臭がひどくなるにつれて歯がグラグラになり、ついには1本ずつ歯が抜けていってしまう病気です。

原因

原因は、磨き残りであるプラークから始まります。プラークが歯石となり、これを原因として、歯茎の炎症をひき起こし、そのまま放置しておくと炎症が歯を支える歯槽骨を溶かしていって、歯が抜けることになります。

治療と予防

治療では、まず始めにプラークが付かないような「ブラッシング」を身に付けていただき、付いてしまった歯石を丁寧に取り除くことでかなりよくなります。
また、この後の定期健診を続けていただくことで、炎症をコントロールできるようになり、ほとんどの場合、日常生活に支障がないようになれます。