• 設備紹介
  • >
  • HOME

設備紹介

院内風景

診療室

デジタル化した診療室は黄色をベースにした明るい診療室です。入ってきた時のスタッフからの挨拶が、皆さんの緊張をほぐしてくれることでしょう。
大きな窓には、たくさんの四季に応じたお花が飾られ、外の風景を見ながら診療の疲れを癒してください。 各診療台の足元にはハンドバックや、コートが置けて便利で安心です。

 

待合室ソファー

私共の一押しです。ぜひ一度腰掛けてみてください。診療前の緊張をほぐし、診療後の疲れをスーッとほぐしてくれます。
5分もあれば、睡眠にぴったりのソファーです。「歯医者さんで寝るなんて」と思っておられる方に、ぜひためしていただきたいです。

 

受け付け待合室のコーナー

患者さんからのプレゼントです。心温まる作品がいっぱいです。皆様からのご自慢の作品を募集中です。

受付

オープンカウンターの窓口です。
受付では皆様の歯の痛みだけではなく、心の痛みも笑顔で受け付けております。治療に関する質問が小さいことで先生に聞きにくかった時、診療終了後に思いついた質問など、いつでもお尋ねください。
帰りのバスの時刻や、タクシーを呼ぶなどでもOKです。まずは、何でもお話かけてみてください。患者さんの立場を第一に考えます。

 

受付カウンターバー

トイレから診療台まで黄色いバーがつながっています。体の不自由な方でも、何度でもスムーズに移動できます。

 

パンフレット

皆様のご興味のある治療内容を、それぞれ項目ごとにわかりやすくまとめてあります。ご自由にお持ち帰りください。

スピーカー

スピーカーから流れるリラックス効果のあるオルゴールや、ピアノ曲を聴いて診療の緊張をほぐしてください。

 

老眼鏡

初診の方には問診表のご記入をお願いしております。小さな文字は見にくいものです。いつでもご利用ください。また待合室の読書にもお使いください。
他の方が使用された後は消毒してケースに戻しています。

 

アロマの花

ふっとどこからかラベンダーやローズの香りが漂ってきます。歯医者さん特有のにおいがしない病院をめざしています。

3Dレントゲン(歯科用CT)

3Dレントゲンとは?

今までのレントゲン診断では、2次元的にしか診断できませんでしたが、今回当歯科医院に導入したCT画像診断では、従前の2次元的な診断に加えて3次元的に(立体的に)確認できることが大きな特徴です。
歯槽骨という硬い骨の中に存在する様々な情報をリアルに正確に把握することが可能となりました。
今までは佐賀大学医学部付属病院のような大病院でしか、このようなことはできませんでしたが、歯周病の骨への波及状態、歯の根っこの病変の正確な診断、インプラント治療への正確な診断など確実な検査診断が可能となり、さらに勘に頼らない正確な情報を患者さんへ提供可能となりました。

症例紹介

3Dレントゲンの最大の特徴は、今まで見ることができなかった視野や方向から立体的に見ることができるようになったことから、抜群の正確な喪診断が可能となったことです。

<症例01>

今までのレントゲンでは歯の横方向からの情報しか得られませんでした。しかし、このCT像のように見たい場所での断面の情報を得ることができるようになりました。
これによって、歯の根の周りの正確な情報や神経や血管の位置も正確に判断できるようになりました。

 

<症例02>

見たい場所での横方向、縦方向、真上から見た輪切りの状態の画像を、同時に確認できることです。当然リアルな3D映像での再現可能です。

マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープとは、手術用実体顕微鏡の事です。
医療の世界に導入されたのは、耳鼻科が最初のようです。
その後、眼科・脳神経血管外科・形成外科などで使用され、目覚ましい治療結果を納める事となりました。

歯科では、診査診断、歯内療法(歯の根の治療)、歯周治療、審美修復治療(詰めたりかぶせたりする治療)、外科治療や歯周外科などに応用しているようです。

当医院でも、今まで出身大学の医局などで研修させていただいておりましたが、今年の5月に導入し、実際の診療に役立てることができるようになりました。今までは見つけられなかった歯の破折の発見や細かい充填に大変な威力を発揮できるようになりました。

デジタルレントゲン

当歯科医院でも今回、最新式のデジタルレントゲンを導入いたしました。

これで院内すべてのレントゲンがデジタル化され、照射線量も従来からのものの1/10程度にすることができます。

もちろん情報は今までのものと比べようもないほど鮮明です。

機器類

スリッパ殺菌ディスペンサー

他人が使用したスリッパを使用するのは、ちょっとと思われる方はどうぞご安心ください。常時殺菌等のついたスリッパ入れで、スリッパがどれをとっても殺菌されています。

 

ビヨンドライトシステム

光を当てて、歯を白く漂白をする機械です。歯を削らず笑顔の美しい白い歯にしてみませんか?歯がきれいになるのに年齢は問いません。男性も女性もされています。
光を当てている間は、おやすみください。

 

口腔外バキューム フリーアーム

義歯を削った粉が、院内に飛び交うことのないように、粉塵をその場で吸い込んでくれます。環境のことを考えています。また診療室におられる皆さんの健康も考えて導入しました。

 

マイクロスコープ

歯科では、診査診断、歯内療法(歯の根の治療)、歯周治療、審美修復治療(詰めたりかぶせたりする治療)、外科治療や歯周外科などに応用しています。

説明用口腔内カメラ

普段は診療室に和みを与える環境ビデオや、世界中を旅行できるDVDをつけています。診療の合間に気持ちは海外旅行の気分を味わってはいかがですか?
診療用としては患者さんのお口の中を説明するのに、口腔内カメラで歯の裏側や、鏡に写せない奥の方にあるよく見えない虫歯を映像で写してくれます。一度カメラでお口の中を見られませんか?きっと驚くことでしょう。見えないところの優れものです。
小さいお子さんの治療時には、画面にアニメが映し出されます。

 

レーザー治療器

口内炎の治療や歯の沁みの治療、歯茎の黒ずみの除去をほとんど無痛に行える最新治療機器です。

 

オゾン式空気清浄機

いわゆる歯医者さん特有の匂いを取り除く空気清浄機です。

 

オートクレーブ・器具殺菌

治療に使用する器具はオートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)で殺菌消毒処理を行っています。 上の写真のように切削器具など全ての器具を毎回滅菌袋に入れ消毒しております。

院内感染対策

超音波洗浄にて全ての使用器具を洗浄しております。

 

オートクレーブ(高圧滅菌装置)にて完全に滅菌

 

全ての診療器材の滅菌

 

全ての切削器具も滅菌。滅菌後診療台へセット。

切削器具なども使用後全て滅菌

 

手術器材は2度滅菌

 

手術器材は2度滅菌

 

インプラント手術などの場合は、滅菌着を着用

インプランント手術時の滅菌された器具類

 

術中の血圧、脈拍、血中酸素濃度の管理

 

AED完備

 

OP中の患者さんのPCによるモニタリング

AED(自動体外式除細動器)

いわゆる突然死のほとんどは心臓疾患によるものですが、その大部分は「心室細動」という病気だといわれています。そこで近年、公共施設などでもAED(自動体外式除細動器)を設置され、万が一の時にはこのAEDを使用することにより、突然死を防ぐことができるようになってきております。

当院でもこれらに備えて準備しております。使わずに済めばそれにこしたことはございませんが、万が一の時に備えておくことも医療の基本だと考えております

洗面所スペース

ライトアップされた洗面所には使い捨てのハンドタオ ルや口をすすぐ紙コップ、歯ブラシなどをご用意して おります。また口臭防止剤「ハイザックリンス」や「リ カルデント配合ガム」もあり、ご自由に使用可能で す。女性の方などは治療後の化粧直しコーナーとし てご利用していただいております。